1. HOME
  2. 協会について
  3. 規約
  4. 神奈川県ラグビーフットボール協会規約本則

神奈川県ラグビーフットボール協会規約

本則

第1条
(名称)
本会は神奈川県ラグビーフットボール協会という。
第2条
(所在地)
本会は事務局を神奈川県横浜市鶴見区に置く。
第3条
(目的)
本会は関東ラグビーフットボール協会の下部組織として神奈川県におけるラグビーフットボールの中枢機関となり、競技の健全な発達、及びその普及を図り、スポーツマンシップの涵養とスポーツ文化の発展に寄与することを目的とする。
第4条
(事業の種類)
本会は前条の目的を達するために次の事業を行う。
  • 1.  競技会の開催及び主管
  • 2.  競技会の指導及び斡旋
  • 3.  競技規則の解説及び普及
  • 4.  レフリーの養成、指導及び派遣
  • 5.  競技資料及び施設資材の調査と調達、研究及び指導
  • 6.  ラグビーフットボールに関する調査、研究及び情報の収集
  • 7.  記録の収録及びその保存
  • 8.  競技者の保健、安全対策に関する事項
  • 9.  ラグビーフットボールの普及および広報活動
  • 10. その他本会の目的に必要な一切の事項
第5条
(役員)
本会に次の役員を置く。
会長
1名
副会長
3名以内
理事
37名(理事長、書記長、会計役各1名を含む)
監事
2名
評議員
若干名

 2.前項の外、次の役員を置くことができる。

名誉会長
1名
顧問
若干名
第6条
(役員の選任)
前条に定める役員は全て理事会で選任し、神奈川県協会の評議員会の承認を得なければならない。
第7条
評議員は会員である加盟チームより1名選出する。
第8条
(職務の代行)
役員が事故などの事由のため任期にわたりその職を執ることができない場合には補欠者を選任する。
第9条
(役員の任期)
役員の任期は以下の通りとする。ただし再任を妨げない。
名誉会長
無任期
会長・副会長
3年
上記以外の理事、監事
2年
顧問
無任期
2.役員は任期満了の場合には、その後任者が就任するまではその職務を行う。任期途上で交替した補欠者の任期は前任者の残任期とする。
第10条
(会長の任務)
会長は会務を統理し、本会を代表する。会長に事故などの事由ある場合は、あらかじめ会長が指名した順序により副会長がその職務を代行する。
第11条
(理事長の任務)
理事長は理事会を組織して本会の会務一切を執行する。
第12条
(書記長の任務)
書記長は理事会の議決に従って本会の運営を掌る。
第13条
(会計役の任務)
会計役は本会の事業・運営に関する予算、決算業務を含めた財務会計を掌る。
第14条
(監事の任務)
監事は本会の会計及び業務を監査する。
2. 監事は本会の会計監査を行い評議員会に報告し、承認を得なければならない。
第15条
(理事の任務)
理事は理事会を組織して本会の事業一切を企画、実行する。但し重要な事項に関しては評議員会の決議を経なければならないが、緊急の必要ある場合には、専決、施行し、事後評議員会の承認を得なければならない。
第16条
(理事会の議決)
理事会は、総員の2分の1以上出席しなければ、議事を開き議決することができない。理事会の議事は、出席者の過半数で決定する。可否同数の時は会長が裁決する。
2. 理事会に出席できない理事は、議長および他の理事に議決権を書面により委任することができる。議決権を委任した理事は出席者と見なす。
第17条
(評議員会)
評議員は評議員会を組織し、収支予算その他理事会の提出する重要なる事項を議決する。 評議員会は理事の事務の執行に関し疑義のあるときは、これを質し、その不信任を決議することができる。
2.評議員以外の役員は委員会に出席して議事に参与することができる。但し決議に加わることはできない。
3.評議員会は総員の2分の1以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。 評議員会の議事は過半数で決定する。但し次記の場合には3分の2以上の承認を得なければならない。
・規約の変更。
・基金の処分。
4.評議員会に出席できない評議員は、議長および他の評議員に議決権を書面により委任することができる。議決権を委任した評議員は出席者と見なす。
第18条
(会費、登録)
加盟チームは細則に定めた規定に従って入会金、会費を納入し、チーム登録及び個人登録をしなければならない。
第19条
(経費の支弁)
本会の経費は入会金、会費、入場料、及び寄附金品その他で支弁する
第20条
(会計年度)
本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。 本会の収支予算、及び決算はすべて関東協会の承認を得なければならない。
第21条
(細則)
本則の施行に必要な細則は、評議員会の決議を経て会長が定める。
第22条
(疑義の解決)
本則及び細則の施行に関して疑義が生じた場合には、理事会の審議を経て会長が決定する。
第23条
(規約の改廃)
本則及び細則の改廃に関しては関東ラグビーフットボール協会に建議し、その承認を得なければならない。

平成13年5月22日 改定

平成15年5月24日 改定

平成29年5月17日 改定

ページの先頭へ戻る


  • 携帯サイト 試合結果情報をいつでもゲット!
  • 優しさにトライ 神奈川ラグビーメインテーマ
  • 観戦チケット販売 2010チャレンジシリーズ秋季チケット好評発売中!
  • 高梨乳業株式会社
  • 全国共済 神奈川県生活共同組合
  • 神奈川県ラグビーフットボール協会の旧サイト
  • RUBGY REPUBLIC ラグビー共和国
  • ジャパンラグビートップリーグ2013-2014
  • サントリーカップ第10回小学生タグラグビー選手権大会
  • 進学COM